30歳を過ぎてから要注意!健康づくりについて考えよう

体を労ることからはじめよう!30歳からの健康

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

30歳から気を付けたい体調の変化と生活習慣

余裕ある人というとやっていることに無駄がなくて、はつらつとしていてストレスや悩みには無関係というのが理想の姿です。 実際には毎日ストレスフルな生活をして、30歳を過ぎても全力で走ってきたけどそろそろ歩いてもいいのかと思った頃に体調不良が顔を出します。 30歳からの体のことについて考えてみましょう。 続きを読む

悩んでイライラする板挟みの30代

20歳の頃とは違い体調の変化を自覚する30歳代。
まだまだ無理できる!と思っていても現実には疲れてしまうと回復が緩やかに時間がかかってしまうのが気になる年代です。
30歳代を思い出すと目の前にある仕事や育児に集中していてあっという間に時間が過ぎていました。
そう、自分の体のことは常に後回し、多少の無理はできるのでプライベートよりも仕事や家族のことが最優先になってしまうのです。
今戻れるのなら30歳代の自分に声を大にして「体を労ることを覚えよう」と伝えたいのです。
30歳の頃は気力や体力が充実していて走り続ける余裕がありました。
仕事や育児に対するストレス、親の介護などが加わり身の回りの環境が変わることによるストレスは自分で感じていなくても徐々に積み重なっていきます。
そのときは周囲に気を取られて感じていないだけで、いつも誰かと一緒に過ごしている環境では一人になれる時間も少なく、プライベートでストレス発散できていたものが次第に追いつかなくなりはじめる年代だと思うのです。
仕事、育児にプライベートに全力でぶつかっていけるので無理をしている自覚がない人が多いと思います。
そのまま突っ走ってしまうと、40歳を過ぎたときに無理をしなければ良かったと後悔するかもしれません。
環境が大きく変わることによるストレスで体調不良になり医者に言われたのは「30歳代の今はいいけど、40歳を迎えたときはこのままだと命を落とすことになりますよ」でした。
当時は何の冗談かと思いましたが40歳を過ぎてから自分の体調がうまくコントロールできず、気持ちと体力のバランスが取れないために寝込む日が増えました。
原因は疲れやストレスからくる体調不良でしたが早めにかかりつけ医に相談したのが良かったのか少しずつ快復しました。
30歳代から心がけてほしい良質な睡眠とバランスのよい食事、メンタル面のケアについてご紹介します。

今からはじめる体にやさしい食事とは?

若い頃の食事のスタイルをそのままにしていませんか。 家族の指摘や友人の話で自分の食事のスタイルに気付くこともあり、おいしさに任せて何でも食べていると体重はどんどん増えていく一方で、翌日むくんでしまったりお肌が荒れてしまうなどのトラブルになります。 食べ物で体の内側から労ることを覚えましょう。 続きを読む

疲れやだるさが慢性化?!体のメンテナンスをしよう

今までストレスや悩みがあって疲れていても勢いで乗り越えてきた自分の体をメンテナンスしましょう。 疲れを取るための質の良い睡眠はできていますか? 寝室の環境は大事です。 無理が続くと自律神経が乱れたり、疲れやだるさが慢性化して日常生活がつらくなる前にかかりつけ医へ相談しましょう。 続きを読む

▲トップへ戻る